コラム

企業が把握しておきたいパワハラを受けやすい人の特徴と未然に防ぐ方法とは?

■企業にとって大きな問題であるパワハラ

会社にとって労務管理の仕事は、大変重要になってきます。
環境の悪い職場で、誰もが長く勤めたいと思わないですし、離職者も増えることになってしまうのです。
パワハラも大きな問題で、受けやすい人と受けにくい人がいます。
社内で皆が気持ち良く働けるように、未然にパワハラを防ぐために心がけたいことなどを覚えておきましょう。

■パワハラの被害者になりやすい人となりにくい人の違いとは?

人は、この人にはなんでも言いやすいと雰囲気を見て感じる部分があり、ちょっとやっかいな人だと感じる人にはあまり言いません。
会社でも同じで、なんでも受け入れてくれそうで従順な人は、なんでもズバズバとハッキリものを言う人に比べてパワハラの被害を受けやすいです。
ここからは特にパワハラの被害を受けやすい方の特徴を挙げていきます。

・真面目で上司には逆らわないタイプ

一見人間関係を円滑に行おうという姿勢が見られるので、可愛がられるタイプだとも言えます。
しかし逆を言うと、何をしても皆と上手に関係を保つために自分が我慢するタイプなので、この人だったら多少パワハラしてもいいだろうと見られてしまうのです。
真面目なので本人も上司だからどんなに辛く当たられても我慢しようとしてしまいます。

・自分に自信がなさそうなタイプ

学校でも大人しくて友達もいない、いつも下をうつむいているようなタイプの人もターゲットになりやすくなります。
行動もおどおどしていて、言いやすそうな雰囲気を常に持っています。
「こいつだったら何も言わないだろう……」とさらにパワハラがエスカレートするケースもありますので気を付けましょう。

・コミュニケーション能力が低いタイプ

あまり会社の中の飲み会や集まりにも参加しない、親しくしている人がほとんどいないタイプも危険です。
皆と仲良しで人に好かれている人をターゲットにしてしまったら、パワハラしている人のほうが立場が悪くなります。
しかしこういった誰かと仲良くするタイプではない人の場合、仲間がいないのでパワハラのターゲットになりやすいのです。

・仕事ができない覚えられないタイプ

何回言っても同じミスを繰り返してしまったり、仕事の覚えが毎回悪かったりしてしまうと、パワハラの対象になってしまいます。
そして怒鳴られ怖い思いをしてしまい、さらにミスを連発するという悪循環にも陥りやすいでしょう。
加害者からも「こいつは自分よりも能力が低い。」と思われてしまうので、毎回ターゲットになってしまいます。
特に新人が何人かで入ったときに、ほかの人よりも覚えが悪く目立つと目をつけられやすいでしょう。

■意外と対象になりにくいのは何でもズバズバはっきりと顔に出すタイプ

普段からズバズバ言うタイプや間違いは間違いだとハッキリ主張するタイプはある意味パワハラの対象になりにくいかもしれません。
中にはそういった人が嫌いで対象にしたいと思っている人もいますが、ターゲットにしたところで嫌な顔を露骨に出したり、反論をしてきたりするので面倒なヤツだと感じて諦める場合もあります。
多少嫌われても良いので、嫌なものは嫌、できないものはできないと言えるほうが相手からナメられないかもしれません。

■ここからはパワハラを未然に防ぐ対策を紹介

会社にはさまざまなタイプの人が働いていますので、どうしても知らないうちにパワハラが起きてしまいがちです。
大きいトラブルになる前に、会社全体で被害者を出さないように労務などを担う人事課などで対策を講じるようにしておきましょう。

・年代が高い方は注意

20代の方に比べて40代、50代方は「昔自分達が若い頃はこれが当たり前だった」と思っているケースが非常に多いかもしれません。
自分達がしてきたことを基準に考えているので、今の時代ではパワハラにあたることもそうだと自覚しない場合もあります。
昔と今の時代の常識は変化していること、自分と相手の常識は違うことを強く認識させるのも大切です。
特に管理職になる方たちは、自分たちが経験してきた物差しがあります。
研修などを通して、改めて今の時代はどのようなことがパワハラになってしまうのか再認識させましょう。

・会社の中でミスが起きたときやその後周りがどのような動きをしているのか注意深く見る

ミスというのは自分だけでなくさまざまな方に迷惑をかけてしまいますので、皆ピリピリしてしまいます。
このとき、ミスをしてしまった当人とその周りがどのような動きをするかで会社の雰囲気なども変わってきます。
もしミスしたことで一方的に怒鳴って話を聞かない上司がいたら、これは立派なパワハラになってしまうのです。
もちろんミスをして良いものはないのですが、その後まずは反省をさせ指導をしてからの対応が重要です。
相手の話にも耳を傾けて、さらに指導を行った後はフォローをして助けるという行動が大切になってきます。

・なんでも話しやすい環境にしていく

意見がなかなか言いいにくくて、我慢ばかり日ごろからしている場合は多少の言葉でもプレッシャーを与えてしまいます。
逆に上下関係や部署など関係なく社員通し話しやすい環境がありお互いの理解があれば、言葉のトラブルも減ります。
それは何かあったときに言える環境があり、我慢をしていないからというのもありますし、話しやすいというのはコミュニケーションも日ごろから取りやすいので、相手がどんな人かわかり、誤解が生れなくなるためです。
環境一つで、皆の雰囲気も会社の売り上げも大きく変わってきます。

・パワハラを受けにくい自分にする方法も伝える

特に新人が上司から目をつけられてターゲットになるというのは多い話です。
仕事もほとんどわからないまま入社していますので、できないことにイライラしてしまい、上司もターゲットにしてしまいます。
このとき、何人か新人がいると、被害者になる人とならない人がいます。
被害者になりやすい人は、ミスをしやすく上司の言いなりになってしまう人です。
嫌な思いをしないためにも、断る技術を身につけることも大切です。
困ったときにはどのような行動を取れば良いのか、頑張ってもパワハラが酷く耐えられないときにはどうしたら良いのかを研修などで伝えましょう。
いざというときの相談窓口はどこなのか、味方がいるということも教えておく必要があります。

あなたの「不安」を取り除いて、「安心」へ。
まずはお気軽にお問合せください。

お問合せフォームへ

【受付時間:平日午前10時から午後5時30分まで】